ニュース
2020年01月31日2020-01-31
ミャンマー国立 医療工科大学UMTにて医療ガスの講習会ミャンマー国立 医療工科大学UMTにて医療ガスの講習会
去る1/28ミャンマー国立 医療工科大学UMT
(University of Medical Technology Yangon)
にて医療ガスの講習会を実施




弊社、現地責任者Mr.モウルインより、ミャンマーでの普及が進む液化酸素タンク(CE)による酸素供給の説明とメリットや設備の仕組み、そしてKITAJIMAミャンマーの取り組み等の講習を行いました。
また、質疑応答の中では、KITAJIMAの医療用酸素の濃度測定のリクエストがあり実施。
(高品質であることに皆、驚かれていました)

技術的な質問も多く、ミャンマーでは容器の耐圧検査等は実施されていないので(法規制がない)、
何年位の利用が可能なのか?など、ミャンマーらしい質問が飛び交い、予定時間を大幅に超える盛会となりました。
前日の熊本中央病院の林先生の講義とリンクした内容であったため、
生徒の理解が深まりより効果的であったと原田先生も大変喜ばれておりました。

原田先生からは
『設備や環境の整っていないミャンマーであっても、生徒に医療ガスの事故は絶対に起こさせたくない!
日本の基準、取り組みが分かれば、事故を起こさないで済みます。
有意義な講義でした。』
と感謝の言葉をいただきました。

弊社としても、今後も積極的に医療ガスの安全な使用に向け、ミャンマーの医療の向上に貢献したいと思います。

(レポート:松尾茂)


去る1/28ミャンマー国立 医療工科大学UMT
(University of Medical Technology Yangon)
にて医療ガスの講習会を実施




弊社、現地責任者Mr.モウルインより、ミャンマーでの普及が進む液化酸素タンク(CE)による酸素供給の説明とメリットや設備の仕組み、そしてKITAJIMAミャンマーの取り組み等の講習を行いました。
また、質疑応答の中では、KITAJIMAの医療用酸素の濃度測定のリクエストがあり実施。
(高品質であることに皆、驚かれていました)

技術的な質問も多く、ミャンマーでは容器の耐圧検査等は実施されていないので(法規制がない)、
何年位の利用が可能なのか?など、ミャンマーらしい質問が飛び交い、予定時間を大幅に超える盛会となりました。
前日の熊本中央病院の林先生の講義とリンクした内容であったため、
生徒の理解が深まりより効果的であったと原田先生も大変喜ばれておりました。

原田先生からは
『設備や環境の整っていないミャンマーであっても、生徒に医療ガスの事故は絶対に起こさせたくない!
日本の基準、取り組みが分かれば、事故を起こさないで済みます。
有意義な講義でした。』
と感謝の言葉をいただきました。

弊社としても、今後も積極的に医療ガスの安全な使用に向け、ミャンマーの医療の向上に貢献したいと思います。

(レポート:松尾茂)


2020年01月31日2020-01-31
6ヶ所目の井戸の寄贈6ヶ所目の井戸の寄贈
ミャンマーには今もなお水道の無い村が多く存在し、貧困や健康被害の要因の一つに挙げられております。

弊社では2015年にミャンマーに支店を開設して以来、ミャンマーに感謝の気持ちを込めて
こうした村に井戸と発電機の寄贈を毎年行っております。
今年はヤンゴンの北西約150㎞に在るトーピャー村に寄贈させて頂きましたが、その寄贈式を現地で開催して頂き、ご招待にあずかりました。

現地の村へは車で片道約5時間掛かり、途中からは未舗装路で大変でしたが、
会場であった村の学校に着くと、小中高校生が歌と踊りで出迎えてくれ圧倒されると共に多くの地元住民にも集まって頂き、大変感動いたしました。

式典では高校の女性の校長先生にご紹介を頂き、松尾係長が挨拶と共にミャンマーでの事業を紹介いたしました。

校長先生からお礼のお言葉と品々を頂いた後は、生徒や先生からの質疑応答のコーナーを設けて、日本の文化や教育について紹介し、大いに盛り上がりました。

式典の後は昼食をごちそうになり、また、改めて感謝の言葉を頂き大変恐縮いたしました。

昼食後は設置されたポンプと発電機を見せて頂き、実際に水が使われているところや明かりが灯った外灯などを案内して頂き、環境の変化を実際に見て参りました。

弊社ではこれからも地域の一員として、生活の発展を支えていきたいと考えております。


(レポート:笹川)



ミャンマーには今もなお水道の無い村が多く存在し、貧困や健康被害の要因の一つに挙げられております。

弊社では2015年にミャンマーに支店を開設して以来、ミャンマーに感謝の気持ちを込めて
こうした村に井戸と発電機の寄贈を毎年行っております。
今年はヤンゴンの北西約150㎞に在るトーピャー村に寄贈させて頂きましたが、その寄贈式を現地で開催して頂き、ご招待にあずかりました。

現地の村へは車で片道約5時間掛かり、途中からは未舗装路で大変でしたが、
会場であった村の学校に着くと、小中高校生が歌と踊りで出迎えてくれ圧倒されると共に多くの地元住民にも集まって頂き、大変感動いたしました。

式典では高校の女性の校長先生にご紹介を頂き、松尾係長が挨拶と共にミャンマーでの事業を紹介いたしました。

校長先生からお礼のお言葉と品々を頂いた後は、生徒や先生からの質疑応答のコーナーを設けて、日本の文化や教育について紹介し、大いに盛り上がりました。

式典の後は昼食をごちそうになり、また、改めて感謝の言葉を頂き大変恐縮いたしました。

昼食後は設置されたポンプと発電機を見せて頂き、実際に水が使われているところや明かりが灯った外灯などを案内して頂き、環境の変化を実際に見て参りました。

弊社ではこれからも地域の一員として、生活の発展を支えていきたいと考えております。


(レポート:笹川)



2020年01月07日2020-01-07
北島酸素SDGs取組方針Kitajima Sanso SDGs Initiative Policy
北島酸素は持続可能な開発目標『SDGs』に賛同し、その目標達成に向け、社会の一員として主体的に取り組んでまいります。

1.地域経済の安定と産業振興への取組み
 「北島ROCシステム」の実践による幅広いサービスの提供により、
 地域経済の安定と産業振興を図り、グローバルな社会貢献と平和を
 めざします。

2.持続可能な地域社会の実現
 環境保護、安心安全で健康な生活の実現に尽力し、愛情と安らぎのある
 持続可能な社会の実現をめざします。

3.魅力ある人で組織を埋め尽くす
 一人ひとりの社員と係る全ての人が主体的に成長する意思を持ち、
 共に育ち、育て合う組織であることをめざします。


Kitajima Sanso supports the Sustainable Development Goals "SDGs" and will work independently as a member of society to achieve these goals.

1. Initiatives for regional economic stability and industrial promotion
  By providing a wide range of services through the implementation of the “Kitajima ROC System”.
  Promote global social contribution and peace by stabilizing the local economy and promoting  the industry.

2. Realization of a sustainable local society
  We are committed to the realization of environmental protection, safe, secure and healthy living, with loving and peace of mind.
  We aim to realize a sustainable society.

3. Fill the organization with attractive people
  Each and every employee has the intention to grow independently.
  We aim to be an organization that grows up and grows together.
前のページへ |ニューストップへ| 次のページへ
Previous Page |News Top|Next Page